Skip to content

業務内容

知的財産権の活用コンサルティング

  • 特許、商標、著作権等を中心とした知的財産権の具体的運用方法をコンサルテーションします。
  • 特許や商標の出願時は、先願調査を行い、先願事例との差別化を明確にした上で、実ビジネスに役立つ内容での権利化を支援します。
  • 特許の出願時は、有用性・新規性・進歩性を明確にするための「特許スキーム」を作成します。
  • 出願内容に応じた適任の弁理士をご紹介します。
  • 弁理士が作成する特許明細書の内容を確認し、実ビジネスとの相関を考慮しながらコメントを出します。
  • 権利化された知的財産権の最適運用をコンサルテーションします。


新ビジネスの構築コンサルティング

  • クライアント様のヒアリングを行ない、有形資産および無形資産(=知的資産)のメキキを行ないます。
  • クライアント様の強みを活かし、あるべき将来像に近づけるための新しい提案を行ないます。
  • その他の企業や大学が持つニーズやシーズと、クライアント様の持つリソースを組み合わせることで、シナジー効果が生まれるような異業種組み合わせ提案を行ないます。
  • 新しい提案やアイデアは、その知的財産権を担保するよう、先願調査や効果の差別化を明確にします。
  • 気に入って頂いた提案内容は、具体的な事業化に進めるための事業計画書を作成します。
  • 必要に応じて、作成した事業計画に従いプロジェクト管理を行ないます。
  • 新しく開発したモノをどのように売っていくか、マーケティングからネーミング、価格設計、広告、営業まで責任もってフォローしていきます。


創造的人材育成

  • 創造的人材育成の鍵(キー)は『クリティカル・シンキング』と『知的資産の洞察力』にあると考えています。モノゴトの本質を理解する為の深く論理的な思考力を身につけること、目には見えない会社の人的資産・組織資産・関係資産を正しく把握し長所や相対的な強みを発見することが、その第一歩になります。
  • そして、創造的人材育成の錠(ロック)は『メタファー』の想像にあります。いくら良い鍵(キー)を持っていても、どの錠前(ロック)を開閉すれば良いのかが分からなければ、何の役にも立ちません。ビジネスにおける錠前(ロック)は、別の表現で『壁』『扉』『新たなニーズ』とも言えます。
  • 錠(ロック)を想像し、鍵(キー)を思考できることで、素晴らしいアイデアを考案することができるようになります。基本的な人材育成カリキュラムがございますが、クライアント様のニーズに応じた対応も可能です。必要に応じて適任の外部講師もご提案いたします。
  • 主に、知的財産権の活用、経営企画、新商品開発等に関わる人材が対象となります。


その他

  • 知的財産権(技術)の移転を支援いたします。
    例)移転に必要な活用アイデア集の作成、技術評価、契約内容確認 等
  • プロジェクトマネジメント、イベントの企画やコーディネーションを支援いたします。 起業/創業時の相談を受け付けます。
  • IT(情報技術)の活用支援を行ないます。